株式会社コヤマ不動産
10:00~18:00
水曜日
2017年10月31日
☆お知らせ☆

アパート経営でお困りのオーナー様へ

いろんな不動産会社に声をかけているが空室が埋まらなくて困っている。

建物が古くなってきて修繕費が高額になってきた。

そろそろ相続について考えたい。

そもそもあまり儲からない。

こんなに面倒なら建てなければよかった。

などアパートをお持ちの方であればいろいろな悩みがあると思います。

 

しかしながら、人口減少の一途をたどる現在もアパート(共同住宅)は増え続け、古いアパート(共同住宅)は淘汰されていきます。

長野市も例外ではありません。

<これまで増加傾向にあった長野市の人口は、平成12年の国勢調査をピークに減少傾向に転じており、平成22年10月現在で381,511人となっている。今後も減少することが予想され、平成52年には31万人程度まで減少すると推計される。(長野市ホームページより)>

 

 

空いてる部屋の問題点は?

アパート仲介業者さんから、ペット(犬やネコ)飼ってもいいですか?とか現状よりも〇〇円安く紹介してもいいですか?とかいろいろと連絡あると思います。

私も経験がありますが、長く空いてる部屋のオーナーさんほど承諾してくれる可能性が高いからです。

しかし、入居後のトラブルになるのもこのパターンです。

もともとペットを飼うための部屋ではないし、お隣や同じ建物に住む方からも鳴き声などのクレームがきます。家賃についても隣の人に話してしまったため同じ安い金額にせざるを得なくなってしまったなんて事もよくあります。

 

しかしながら、条件を変更したら入居者が決まったというケースでもあるので一概にすべてがダメというわけでもありません。

 

よくお話させていただくのは、「空いてる部屋の問題点は市場とのミスマッチが原因」です。

設備が古い、家賃が周辺のアパートと比べて高いなど他と比べてどうか?を見極めて家賃設定・リフォームをすることです。

 

 

満室だから大丈夫?

オーナーさんと話をしていてよく聞くのが「お金はあまり残らないよ」という話。

もちろんそうではないオーナーさんもいますが・・・。

当時、会社員だったころの私にとってはピンとこない話でした。

 

アパート事業は、資産価値が高い時には手元に残る資金が多く、減価償却の減少と共に手元に残る資金が少なくなっていきます。

資産価値が高い時に将来の計画をすることが重要です。

 

私が当時お話を聞いたオーナーさん達はおそらく手元に残った資金を使ってしまったと考えられます。

 

お持ちのアパートの利回りは把握されていますか?

資産価値はありますか?

相続対策は大丈夫ですか?

 

 

arrow_upward